TOP > レビトラジェネリックを紹介

レビトラジェネリックは種類が豊富にあります。バリフ以外の特徴について

豊富な種類のジェネリック

レビトラのジェネリック・ジェビトラ

レビトラを最初に開発・販売したのはドイツのバイエル社です。

レビトラは新薬であり、20年間はバイエル社がレビトラの特許を持つことになります。

この特許期間の間はレビトラの開発と販売を独占することができ、他の製薬会社がマネをしてレビトラを模した医薬品を開発したり販売することはできません。

しかし、20年の特許期間が切れれば、他の製薬会社もレビトラを基にしたジェネリック医薬品の販売と開発ができるのです。

先ほど紹介したバリフはレビトラジェネリックを代表する存在とも言えるくらい有名なジェネリック医薬品なのですが、そんなバリフ以外にもレビトラのジェネリック医薬品にはたくさんの種類があります。

どのジェネリック医薬品であっても、基本的な効果や特徴はバリフ同様、レビトラとほとんど変わりません。

しかし、必ずしもレビトラと同じ形状・効果で開発しなければいけないというわけではなく、レビトラと違った特徴を持ったジェネリック医薬品もあります。

効果や形状の違いによって、みなさんに適したレビトラジェネリックが変わってくるかもしれませんので、いきなりレビトラやバリフに決めてしまうのではなく、まずはどんなレビトラジェネリックがあるのかを把握しておきましょう。

飲みやすいジェビトラゼリー

ジェビトラゼリー

医薬品といえば、その多くが錠剤タイプとなっています。

現にレビトラも錠剤タイプとして開発されています。

ですが、中には錠剤の服用を苦手としている人もいるでしょう。

単純に錠剤を服用するという行為が苦手な方もいれば、わざわざ服用時に水を用意しなければいけないことを面倒に感じている方もいるでしょう。

そんな男性たちにオススメなのがジェビトラゼリーです。

その名前からある程度推測できるかと思いますが、ジェビトラゼリーはゼリー状のレビトラジェネリックです。

錠剤のように固形物を飲み込んでいるという感覚は一切なく、水なしで簡単に服用することができます。

また、医薬品独特の苦味などもまったくなく、イチゴ味のような飲みやすい味付けとなっている点も人気のヒミツです。

ゼリー状であることから通常の錠剤タイプよりも体内への吸収が早くなっています。

元々即効性に優れたレビトラですが、ジェビトラゼリーであればさらに短時間でその効果を実感できるはずです。

バイアグラの成分も含んだシルビトラ

シルビトラ

どんなジェネリック医薬品でも、新薬の特徴を受け継いでいるという点は同じです。

何を主成分としているのか、どんな効果を発揮するのかなど、新薬との差はほとんどありません。

しかし、逆に言えば、ジェネリック医薬品は新薬と同じ効果しか発揮しないということになります。

レビトラを基にして開発されているレビトラジェネリックも当然、発揮する効果はレビトラが本来持っていた効果に限定されます。

そのため、レビトラではそこまで絶大な効果を実感できなかったという人からすれば、それと同じ効果となっているレビトラジェネリックを服用しても結果はそう変わりません。

そんな男性にオススメなのがシルビトラというレビトラジェネリックになります。

シルビトラもレビトラジェネリックの一種ですので、それだけ聞けば他のレビトラジェネリックと変わらないように思えます。

しかし、シルビトラは他のレビトラジェネリックと違う特徴を持っており、それが「バイアグラの主成分も含まれている」ということです。

レビトラの主成分であるバルデナフィルに加え、バイアグラの主成分であるシルデナフィルも同時に含まれているのです。

そのため、レビトラが本来持っている即効性に加え、バイアグラ自慢の勃起力まで同時に再現できるのです。

「最強のED治療薬」という呼び声も高く、レビトラもしくはバイアグラだけでは満足できなかった男性にオススメです。

ただし、2種類のED治療薬の主成分が配合されていることから、ED治療薬としての効果はかなり強くなっています。

当然副作用などがでる可能性も高まっていますので、シルビトラを服用する場合はくれぐれも慎重に。

とにかく安いサビトラ・ブリトラ

サビトラ

冒頭でも説明しましたが、新薬であるレビトラをふつうに医療機関から処方してもらうと、高額な治療費を支払うことになります。

それに比べ、ジェネリック医薬品は新薬よりも遥かに安くなっています。

新薬を1から開発するためには膨大な研究期間が必要になります。

その間、何度も試行錯誤を繰り返しつつ、研究や臨床実験を繰り返しつつ開発がおこなわれていきます。

そのため、新薬の開発には時間だけでなく莫大な費用も同時にかかってしまいます。

開発コストが大きいということは、その元を取るためにも販売価格まで高くせざるをえません。

ですが、すでに開発されている新薬を基に開発されているジェネリック医薬品であれば、1から新たに開発を始める必要がなく、その分開発コストを削減できるのです。

つまり、ジェネリック医薬品は開発コストが新薬ほどかかっていない分、安い価格で販売することができるのです。これがジェネリック医薬品の安さの理由になっています。

バリフ、ジェビトラゼリー、シルビトラと3種類のレビトラジェネリックを紹介してきましたが、これらも新薬であるレビトラと比較すれば充分な安さとなっています。

ですが、これらのレビトラジェネリックよりもさらに安い価格で販売されているのがサビトラやブリトラです。

これらは20mg錠1錠の価格が200円程度と破格の安さになっており、できる限り節約をしながらED治療をおこないたい男性にオススメです。