海外のレビトラジェネリック

レビトラジェネリックとは、先発薬であるレビトラのジェネリック医薬品であり、バリフやジェビトラなど複数の製品が登場しており、先発薬は2004年に登場しているため特許期間中ですが、バリフやジェビトラはインド製の製品となるため国際特許加盟国ではないため通常15~20年程の特許期間が終了しなければ後発薬を製造することはできませんが、インド国内では製造することができ低価格で海外通販サイトなどを通じて購入することができます。
正確には後発薬ではなく、コピー商品という位置づけが正しい理解であり同じ錠剤になりますが、形状なども異なるため効き始めまでの時間や作用の現れ方が異なる可能性もあり、個人で購入して個人使用することは問題ありませんが自己責任になるためコピー商品であるということは判断の材料として考え治療に取り入れるかの判断を行ってください。
成分自体はバルデナフィルという同一成分を用いているため、勃起に必要なサイクリックGMPという物質を優位に働かせるために、それを分解してしまうPDE5と呼ばれる酵素を阻害する効果があり、血管拡張作用によって多くの血液を陰茎に運ぶことができるようになります。
バルデナフィルは水などに溶けやすい性質となっているため、服用してから効き目が現れるまでに約20分ほどしかかからず、即効性が特徴の成分となり他のED治療薬に比べても早いと言われています。
作用持続時間はバルデナフィル20mg配合であれば10時間ほど時間の猶予があるため、時間内であれば何度でも性行為を楽しむことができ、行為中は硬さなどを維持し中折れなども防いでくれます。
副作用は特徴的なほてりや鼻づまりなどがありますが、こういった症状は重篤な症状の前兆とはならず、血管が拡張されたことによって血圧が低下したことによってほとんどの男性に現れる症状のため、薬が溶け出し身体に作用し始めた合図だと思ってください。
レビトラジェネリックは海外通販で買え、ED治療薬としては価格こそ安いものの、あくまでもコピー商品なので使用する男性は自己責任で行ってください。

Copyright © 2016 レビトラとの決別!バリフを知って切り替えたED治療薬 All Rights Reserved.