先発薬のレビトラ

EDは、男性の方特有の生理現象となる勃起を起こす為に必要とされる体の機能あるいは仕組みに障害を起こしてしまう事で発症となるとされ、障害の為に陰茎の中にある血管を拡げる事が出来なくなり、血液が十分に取り込まれなくなる事で勃起を起こす事や一時的に膨張するものの間もない内に萎えてしまい維持する事が出来なくなります。
障害というただ一点のみで考えるのであれば老化現象の一種として考える事もでき、従来までは中高年世代の病気と考えられるのが一般的であり要因の一つとしての事実は変わりませんが、年齢を重ねる事が必ずしも本症発症の原因になるとは限らず、ここ最近となっては若年性EDも目立つ様になりその原因の中には精神から影響している事が多く、過去あるいは現実に経験した悪い意味で心に残った出来事に起因する事や精神疾患が影響する事もあると考えられています。
上記から分かる事は、原因を大きく分けると二つに絞る事ができ、身体的に起こるものと精神的に起こる事に二分する事ができ、後者であれば薬剤以外にも心理上のケアを治療の一環として取り入れますが、どちらにせよ治療の第一選択となるのはED治療薬となります。
本症治療の為に用いるのが即効性の高いレビトラであり、この薬は国内では2004年にバイアグラに次いで誕生したものであり、現在に至るまで多くの男性の方の勃起を助けてきた薬になります。
レビトラとは、バルデナフィル塩酸塩水和物を含有している錠剤になり傾経口投与する事で作用を発揮し、溶け出してから血中内で成分の濃度が最高点に至るまでのTmaxが非常に短く、これは即効性がある薬を意味しED治療薬の中で一番素早い効き目を持ち、投与から早い方で約0.3時間程で効き目を発揮させる事ができ、水に溶けやすい性質は本剤独特の特徴になります。
作用自体は他と異なる点はなく、血管拡張を阻害する物質PDE-5の阻害をする事でcGMPが優位性を高め、血管を拡げる事ができ、その結果勃起に必要な十分な血液を陰茎内に取り込む事が出来る様になります。
副作用として最も良く現れれるのが顔面の紅潮であり、他にも目が充血する事や頭痛を起こす事がありますが、こういった症状は血圧の低下により起こる効き始めを知らせる症状でもあるので心配の必要はありません。
本症を発症したからといって諦めず本剤を用い上手く付き合う事で今までと変わらない性交を楽しむ事が出来ます。

Copyright © 2016 レビトラとの決別!バリフを知って切り替えたED治療薬 All Rights Reserved.