TOP > ジェネリック医薬品が人気

バリフはレビトラのジェネリックです。効果や特徴、飲み方、副作用について

レビトラはジェネリックも人気!

バリフ

ジェネリック医薬品という言葉を聞いたことがある人も少なくないはず。

ジェネリック医薬品に関する説明は後ほどしますが、簡単に言ってしまえば既存の医薬品を基にして後から開発された医薬品のことを言います。

日本では保険の適応による割引制度がある反面、ジェネリック医薬品の利用はそこまで浸透していません。

逆に、保険適応による割引のない海外諸国では、ジェネリック医薬品の流通が当然のこととしておこなわれているのです。

そのため、日本ではあまりジェネリック医薬品を見かける機会もないのではないでしょうか。

実は日本で販売されていないだけで、ED治療薬であるレビトラにもジェネリック医薬品が存在します。

レビトラのジェネリック医薬品として開発された医薬品にはいくつか種類がありますが、その中でも最も有名なのがバリフという医薬品になります。

バリフはアジャンタファーマ社が開発したレビトラのジェネリック医薬品となっており、海外ではよく使用されているED治療薬となっています。

では、そんなバリフにはどんな特徴があるのでしょうか。

バリフの効果

バリフとレビトラの比較を説明する医者

バリフもED治療薬として開発された医薬品で、レビトラのジェネリック医薬品となっています。

ジェネリック医薬品とは、特定の新薬を基にして開発された後発医薬品のことです。

含まれている有効成分は新薬と同じですし、その製薬方法も新薬とほとんど変わりません。

となれば、当然新薬とジェネリック医薬品は効果や安全性まで自然と一緒になりますよね。

レビトラとバリフの関係もこれと同じで、バリフもバルデナフィルを有効成分として開発されています。

そのため、レビトラ同様の高いED治療効果はもちろん、即効性に優れている点や食事の影響を受けにくい点などもそのまま引き継いでいるのです。

もちろん安全性に関してもレビトラと同じだと考えていただいてかまいません。

レビトラで問題なくED治療ができていたという人であれば、バリフでも同じようにED治療を進めていくことができるでしょう。

バリフの用法用量

バリフの用法用量を解説する医師

バリフもレビトラ同様、男性のEDを治療するために大きく貢献してくれるED治療薬となっています。

新薬であろうとジェネリック医薬品であろうと、れっきとした医薬品であることには変わりません。

そのため、バリフを服用してED治療をおこなう場合であっても、規定されている用法用量を守って服用しなければいけないのです。

バリフの服用方法ですが、基本的にはレビトラの服用方法とほとんど同じです。

服用回数は1日に1回までとされていますし、服用するタイミングも性行為をする1時間ほど前となっています。

1度バリフを服用した場合は、再度服用するまでに最低でも24時間以上の間隔を空けなければいけないという点も同じです。

ただ、レビトラのときにも説明しましたが、即効性に優れたバルデナフィルを主成分としていることから、実際に効果が出始めるのは30分ほどとなっています。

ここまではレビトラの用法用量とほとんど変わらないのですが、レビトラとバリフで違う点がひとつだけあります。

それが販売されている用量の種類です。

レビトラの場合は基本的に10mg錠と20mg錠の2種類ありましたが、バリフの場合は20mg錠しか出回っていません。

そのため、バリフなら20mg錠をいきなり服用していいのかと勘違いされる方もいます。

ですが、そんなことはありません。

バリフの20mg錠はレビトラの20mg錠とほとんど同じモノとなっています。

そのため、いきなり20mg錠を服用してしまうと効き目が強すぎて副作用などの症状が出てしまう可能性があるのです。

バリフを服用する場合は、20mg錠をピルカッターなどで半分にカットし、10mg分の用量から服用していくのがオススメです。

バリフの副作用

バリフで副作用が出た男

バリフを服用した場合も、レビトラと同じ感覚でED治療をおこなうことができます。

レビトラと変わらない効果を持っていることから、安心してED治療ができるはずです。

用法用量もそこまで大差はないので、今までレビトラを使ってED治療をしていた人であれば、途中からバリフにシフトして治療を続けることも可能です。

しかし、これだけバリフがレビトラと同じ効果・特徴を持っているということは、副作用に関してもレビトラとほとんど同じだということになります。

バリフにも血管を拡張し、血行を促進するはたらきがあるため、それによって顔の火照りや頭痛が起こる可能性はあります。

その他、レビトラの副作用として報告されていた症状のほとんどが、バリフでも同じように発症する可能性があるのです。

ただ、顔の火照りなどの副作用が起こったということは、しっかり血管拡張の効果が出ているということでもあります。

副作用は軽度なことが多いので、ここは前向きに「ED改善の効果が出ている」と捉えてみるのもいいでしょう。

もちろん長く副作用の症状が続いている場合はバリフの服用をやめ、医師に早い段階で相談することが大切です。

そして、先ほども言いましたが、レビトラのジェネリック医薬品として開発された医薬品はバリフ以外にもまだあります。

他のページでレビトラジェネリックに関して説明しているので、ぜひ参考にしてください。