レビトラの効果や由来・成分・注意点について、また、お得に手に入れる方法をご紹介

即効性が人気のED治療薬:レビトラ

レビトラ10mg

勃起は男性の意思に関係なく自然に起こる生理現象ですが、勃起する理由はもちろんあります。

男性が性的刺激を受けることで脳内の中枢神経が反応し、体内で一酸化窒素が生成されるようになります。

一酸化窒素は血管を若返らせる効果があるとされており、血管拡張によって血行を促進してくれるのです。

一酸化窒素の生成によってふだん以上に血流が活発になることで、ペニスへも多く血液が流れ込むことになります。

ペニスの内部はその大半が海綿体となっているのですが、スポンジ状である海綿体は流れ込んできた血液を吸収し、膨張します。

こうして海綿体が膨張することによって、ペニスそのものが大きく硬くなるのです。

これが勃起と言われる状態なのですが、性的興奮がおさまったあとも勃起したままというわけにはいきません。

そこで、性的興奮がおさまると同時に今度はPDE5という物質がはたらき、血管を拡張させている一酸化窒素のはたらきを抑制するのです。

PDE5のおかげで血液の流れは通常の状態に戻り、自然と勃起状態も解除されるというわけです。

しかし、本来なら必要不可欠な存在となっているPDE5が、常に多く生成され続けてしまうと、性的刺激によって作られた一酸化窒素が血管を拡張しても、その効果をすぐ抑制してしまい、ペニスが勃起しなくなってしまうのです。

これがED(勃起不全)と呼ばれる症状です。

EDになってしまうと勃起機能が正常にはたらかなくなってしまうのですが、これが男性にとっては一大事。

満足にパートナーと性行為を楽しむことができなくなってしまうほか、男性としての尊厳までも奪われてしまったかのようなショックを受けてしまうのです。

EDになってしまうことで自信を失ってしまい、異性との関係を自ら断ってしまう男性も多いのですが、そんなときこそ活躍してくれるのがED治療薬なのです。

日本国内でもED治療をおこなっているクリニックからED治療薬は処方してもらえるのですが、その中のひとつにレビトラという医薬品があります。

レビトラは日本で2番目に承認されたED治療薬で、ED治療専門のクリニックからももちろん処方してもらうことができます。

世界的にもレビトラを愛用している男性は多く、すでに大勢のED患者を救ってきた優秀なED治療薬となっています。

レビトラを知りたい方におすすめのサイト
 レビトラの通販についての詳細

レビトラは3大ED治療薬のひとつ

3大ED治療薬

レビトラはED治療をおこなっているクリニックから処方されるED治療薬のひとつですが、実はレビトラ以外にも日本で処方されているED治療薬があります。

それがバイアグラとシアリスです。

バイアグラは世界で初めて承認されたED治療薬として有名で、すべての医薬品の中でもトップクラスの知名度を誇ります。

シアリスは3番目に承認されたED治療薬となっており、現在はバイアグラを追い抜かしてシェア率トップのED治療薬として多くの男性から愛用されています。

このバイアグラ、レビトラ、シアリスはどれもED治療に対して絶大な効果を発揮してくれます。

この3種類のED治療薬を総称して、3大ED治療薬と呼んでいます。

バイアグラとは

バイアグラ

3大ED治療薬のひとつであり、医薬品の中でも高い知名度を誇るのがバイアグラです。

世界で初めてのED治療薬ということもあり、バイアグラが開発された当初は多くのED患者が歓喜の声をあげました。

大手製薬会社として有名なファイザー社が開発した医薬品で、今も世界中で愛用されています。

今となってはED治療薬として男性には馴染み深い医薬品となっていますが、元々は狭心症治療などを目的として開発された医薬品です。

有効成分として含んでいるシルデナフィルに血管拡張の効果があり、それによって男性の勃起機能改善が見られたのです。

それからはED治療薬の先駆者として、現在も変わらない人気を誇っています。

バイアグラはED治療に絶大な効果を発揮してくれますし、勃起時の大きさや硬さなど、勃起力全般の向上にも期待できます。

その優秀な効果が認められ、現在は女性の不妊症治療に用いる女性用バイアグラなども開発されています。

しかし、バイアグラに対して危険な医薬品というイメージを持っている人も少なくありません。

「バイアグラを服用することによって性欲が急激に高まる」「服用しただけでペニスが勃起してしまう」などと思っている人もいるのですが、実際にこういったことは起こりません。

どのED治療薬も基本的な効果は「ペニスが勃起できる状態に改善すること」です。

バイアグラももちろん同じで、バイアグラそのものに興奮作用などは一切含まれていないので安心してください。

シアリスとは

シアリス

シアリスはバイアグラ、レビトラに次いで3番目に登場したED治療薬です。

イーライリリー社が開発したED治療薬で、基本的な効果はバイアグラと同じです。

タダラフィルという有効成分によって血行が促進され、それによって勃起できる状態を再び作り上げてくれるのです。

この基本的な効果自体はバイアグラと同じなのですが、シアリスにはバイアグラほど勃起力を向上させる力はありません。

その代わり、シアリス最大の特徴となっているのが持続時間の長さです。

バイアグラは効果を発揮してから6時間ほどしか持続してくれないのに対し、シアリスはなんと24~36時間も効果を持続してくれるのです。

食事の影響も受けにくいことから服用しやすく、海外では「ウィークエンドピル」という別名でも親しまれています。

副作用が起こる危険性もバイアグラより少なくなっていますので、安全性に関しても定評があるED治療薬となっています。

レビトラという名の由来

レビトラ5mg、10mg、20mg

バイアグラやシアリス同様、3大ED治療薬のひとつとして多くの男性に愛用されているレビトラ。

もちろんレビトラもバイアグラやシアリスと同じくらいEDに対する効果は高いのです。

まず「レビトラ」という名前についてですが、この名前が付けられたことにはしっかりとした由来があるのをご存知でしょうか。

レビトラという名前はフランス語とラテン語を組み合わせて名付けられているのです。

「レ」がフランス語における男性定冠詞。

そして「ビトラ」がラテン語で「生命」という意味を持っています。

つまり、これらを組み合わせて「男性の生命」という意味合いで名付けられたのです。

男性にとってペニスは男であることを象徴するシンボルでもあります。

どんな生物でもオスは自身の体の一部を大きく見せるなどして、自身の力を誇示しています。

また、メスに対するアピールポイントとしても重要なことなのですが、人間で言えばこれがペニスに該当するのでしょう。

男性だからこそ持っているペニス、そしてソレが大きく勃起することは男性にとって大きな意味を持つのです。

そんな男性のプライドを打ち砕いてしまうEDですが、そのEDを治療してくれるという面では「レビトラ」という名前は実にピッタリな意味合いを持っていると言えるでしょう。

レビトラの主成分「バルデナフィル」

バルデナフィルを解説する医師

バイアグラがシルデナフィルを、シアリスがタダラフィルを有効成分として含んでいるのと同様に、レビトラにもバルデナフィルという有効成分が含まれています。

このバルデナフィルにはPDE5のはたらきを抑制する効果があります。

先ほど説明したように、PDE5が過剰に生成され、一酸化窒素による血管拡張を邪魔してしまっているのがEDの大きな原因です。

それなら諸悪の根源となっているPDE5を抑制してしまえばいいわけで、バルデナフィルにはその力があるのです。

この効果はバイアグラの有効成分であるシルデナフィルと非常に似ています。

効果や構造はそっくりなのですが、バルデナフィルならではの特徴となっているのが「即効性」「食事の影響を受けにくい」「臓器選択性が高い」などです。

こうしたバルデナフィルの特徴はそのままレビトラの特徴となり、バイアグラやシアリスと差別化することができます。

3大ED治療薬はどれもED治療に高い効果を発揮してくれますが、レビトラならではの特徴もあるのでぜひ参考にしてみてください。

レビトラ愛用者が増加している

レビトラ20mg

ED治療薬といえば最初に名を馳せたバイアグラの印象が強いのではないでしょうか。

確かにバイアグラは高いED治療効果を持っていますし、その知名度も圧倒的です。

男性のみならず女性ですらバイアグラという名前を知っているのが論より証拠です。

名実ともに優れたバイアグラですが、実際に愛用しているED患者の割合で見ればナンバーワンというわけではありません。

あとから登場したレビトラやシアリスを利用する人が増えているのです。

バイアグラは強力な効果を持っている反面、副作用が出やすいというデメリットもあります。

しかし、レビトラやシアリスはバイアグラよりも安全性が高く、それでいてED治療にも充分期待できる効果を発揮してくれるとして注目されているのです。

有効成分であるバルデナフィルによって、バイアグラやシアリスよりも即効性に優れたレビトラを好む男性もどんどん増えています。

では、実際にレビトラがどんな効果・特徴を持っているのか詳しく確認していきましょう。

レビトラの特徴

レビトラの特徴を説明する医師

バイアグラ、レビトラ、シアリスの3大ED治療薬はどれもPDE5のはたらきを抑制し、EDを改善してくれる効果を持っています。

この基本的な効果はどれも同じなのですが、それぞれが違った特徴を持っていることから、みなさんの症状や目的に応じて適したED治療薬を服用することが重要になってきます。

そのためにも、まずはそれぞれの特徴をしっかり把握しておきましょう。

バイアグラとシアリスの特徴に関しては先ほど簡単に紹介したとおりです。

バイアグラは勃起力に優れたED治療薬となっており、勃起時の状態をより向上させたい方にオススメなED治療薬となっています。

シアリスは効き目の持続時間が他と比べて圧倒的に長いため、服用するタイミングを深く考えたくない方にオススメなED治療薬です。

では、今回メインとして紹介していくレビトラにはどのような特徴があるのでしょうか。

レビトラ最大の特徴となっているのが即効性です。

バイアグラは服用してから1時間ほどで効果が出始めます。

シアリスの場合はそれよりも若干長く、服用してから1~2時間で効果が出始めます。

シアリスも性行為をする直前に服用すると考えれば、どちらも早く服用しすぎると肝心な場面で効果が切れてしまいますし、逆に服用タイミングが遅すぎると肝心な場面になってもまだ効果が出始めていないという事態に陥ってしまうのです。

ED治療薬は即効性と効き目の持続時間から服用タイミングを計る必要があるのです。

しかし、レビトラの場合はそこまで慎重に服用タイミングを計る必要はありません。

というのも、レビトラは即効性に優れたED治療薬となっており、服用してから30分程度で効果が出始めます。

早い人であれば10分弱で効果を実感したというケースもあるくらいで、性行為をするとなった直前に服用したとしても、前戯などをしている間に効果が出始めてくれるのです。

この即効性も有効成分であるバルデナフィルのおかげで、他のED治療薬よりも服用しやすくなっていますよ。

レビトラの注意点

レビトラと食事

どのED治療薬を服用するにしても、注意しておかなければいけないのが「食事やアルコールによる影響があるかどうか」です。

食事をした前後やアルコールを摂取した前後にED治療薬を服用してしまうと、その影響を受けて有効成分の吸収が邪魔されてしまう可能性があります。

これが最も顕著にあらわれるのがバイアグラです。

バイアグラはED治療において優秀な効果を発揮してくれるのですが、食事やアルコールの影響を受けやすいED治療薬となっています。

そのため、ベストなのは空腹時の服用と言われているのです。

シアリスは食事やアルコールの影響を受けにくいED治療薬となっていますので、そこまで気にする必要はないでしょう。

そしてレビトラですが、こちらも食事やアルコールによる影響は受けにくいとされています。

ですので、レビトラを服用するからといって、食事やアルコールの摂取に対してそこまで神経質になる必要はないでしょう。

ただ、影響を受けにくいというだけであって、まったく受けないわけではありません。

レビトラの服用に関してもベストは空腹時とされており、空腹時に服用することでただでさえ優れている即効性がさらに磨きをかけます。

もし食事やアルコールの摂取をする場合でも、適度な量で抑えておきましょう。

レビトラの服用方法

レビトラの服用方法を説明する医者

どんな医薬品を服用する場合であっても、必ず用法用量が決められています。

これはその医薬品の効果を最大限かつ安全に発揮させるための服用方法のことで、医薬品を服用する場合に用法用量を守るというのは今さら改めて言うことではないかもしれません。

医療機関から医薬品を処方される場合でも、おそらく医師ないし薬剤師さんから医薬品の用法用量に関する説明を受けると思います。

レビトラを服用する場合も同じです。

レビトラにもやはり用法用量が定められていますので、必ずそのとおりに服用するようにしてください。

レビトラの服用方法ですが、まずタイミングに関しては性行為をする1時間前とされています。

即効性が自慢のレビトラであれば、実際はもっと早く効果が出始めるかもしれません。

ただ、原則として用法用量では1時間前に指定されていますので、そちらを守るようにしましょう。

そして、1日で服用する回数ですが、必ず1日1回の服用を守るようにしましょう。

また、日付が変わればすぐ服用していいというわけではなく、最後に服用してから最低でも24時間は間隔を空けて服用するようにしましょう。

レビトラには10mg錠と20mg錠の2種類があります。

一見用量の多い20mg錠の方が効きそうにも思えますが、必ずしもそうというわけではありません。

人によっては10mg錠でも充分な効果を実感できますし、その場合は逆に20mg錠を服用してしまうと身体に悪影響を与えてしまう危険もあるのです。

もし自身がどちらを服用すべきかわからない場合は、まず用量の少ない10mg錠から服用してみることをオススメします。

もしそれであまり効果を実感できない場合は20mg錠を服用してみましょう。

ただし、先ほども言ったように、レビトラの服用は1日に1回です。

もし10mg錠で効果を実感できなかったとしても、20mg錠にトライするのは24時間以上の間隔を空けてからにしてください。

用法用量は必ず守ろう

レビトラの用量

どんな医薬品にも用法用量が決められており、これはその医薬品を安心安全に使用するための服用方法だと説明しました。

つまり、逆に言えば、用法用量を無視した服用をしてしまうと身体に悪影響が出てしまう危険があるということです。

どんな医薬品も私たちの病気や症状を治療し、健康な状態に戻してくれることを目的としています。

そのための有効成分が含まれているのですが、その成分の効果によって別の予期せぬ症状が出てしまうことがあります。

それが副作用です。

用法用量に沿わない服用をしてしまうと、こうした副作用がより顕著に出てしまう可能性があるので注意しましょう。

レビトラの副作用

レビトラの副作用について説明する医者

その医薬品本来が持つ効果とは別に、予期していなかった別の症状・効果が出てしまうケースがあります。これが副作用と呼ばれているものです。

どんな医薬品にも強力な有効成分が含まれている分、どうしても副作用が起こる可能性があります。

たとえ用法用量に定められたとおりに正しく服用したとしても、医薬品を服用した以上は避けられない副作用もあります。

とはいえ、副作用にも程度があり、正しく医薬品を服用した場合であれば発症したとしても軽度な症状で済むでしょう。

軽度な副作用であれば、時間が経つにつれて自然に治まっていくのでそこまで心配する必要はありません。

ただ、何らかの副作用が出てしまった場合でも焦らなくていいよう、事前に今から服用する医薬品にはどんな副作用があるのかを知っておくことは大切でしょう。

レビトラも立派な医薬品の一種ですし、ED治療において強力な効果を発揮する分、どうしても発症してしまう副作用はあります。

レビトラの副作用としてよく報告されているのが顔の火照りや頭痛です。

これらの副作用はレビトラに限った症状ではなく、バイアグラやシアリスなど、他のED治療薬を服用した場合でも似たような副作用がよく確認されています。

つまり、どのED治療薬を服用したとしても起こりうる副作用なのです。

ED治療薬を服用することによって血行が促進されます。

この効果によってEDを改善することができるわけですが、血行がふだんよりも急に良くなるということで今紹介した顔の火照りや頭痛などの副作用が起こってしまうのです。

ただ、これらの副作用はED治療薬を服用する以上はどうしても起こりうる症状です。

正しく服用していたとしても発症してしまう可能性はあるのですが、もし発症したとしても軽度で済む場合が多いです。

ED治療薬の効果が切れてしまえば、それと同時に徐々に副作用も治まっていくので安心してください。

重度な副作用が出てしまったら

副作用が出てしまった男

レビトラの副作用として顔の火照りや頭痛を紹介しましたが、この他にも確認されている副作用はまだまだあります。

動悸や鼻づまり、胸焼けや背中の痛みなどもレビトラの副作用として報告されています。

また、光に対して敏感になってしまい、周囲の色がおかしく見えることもあります。

このほとんどが軽度な副作用として報告されているため、大抵は6時間程度で自然に治まります。

しかし、みなさんの体質にレビトラが合っていなかった場合や、誤った方法で服用してしまった場合などは重度な副作用が生じてしまう可能性があります。

重度な副作用が起こってしまった場合、レビトラの効果が切れてしまったあとでも自然に治ることはほとんどなく、そのまま放置しているとさらに症状が悪化してしまう可能性もあります。

ときには命に関わる大きな問題へと発展する危険もありますので、もしいつまで経っても副作用が治まらない場合は、レビトラの使用をやめてすぐ医師に相談するようにしてください。

併用禁忌薬にも注意しよう

レビトラの併用禁忌薬

人によっては複数の医薬品を同タイミングで服用する、というケースがあります。

例えば、昔から持病として患っている病気・症状を治療するためにずっとある医薬品を服用していたとします。

それとは別に他の病気を突如患ってしまい、そちらの治療薬も並行して服用していくことになるケースです。

このように、もし複数の医薬品を並行して使用していくとなっても、その組み合わせによっては何の問題もなく安全に併用できることもあります。

しかし、その逆で、併用することによって互いに反応し合ってしまい、危険な副作用を引き起こしてしまう組み合わせもあるのです。

こうした併用禁止の組み合わせはたくさんあり、もし知らずに併用してしまうとさらに大きな症状を抱えてしまう危険性や、命にも関わるほどの重病を患ってしまう可能性があるので注意しましょう。

レビトラにも併用禁忌薬に指定されている医薬品があるため、必ず確認したうえで服用するようにしてください。

もしみなさんがすでに使用している医薬品があり、それが併用禁忌薬かどうかわからないという場合は医師に相談してから併用するかどうかを決めるようにしましょう。

では、レビトラの併用禁忌薬としてどんな医薬品があるのでしょうか。

最も有名なのがニトログリセリンなどの硝酸剤です。

硝酸剤は血液拡張剤の一種で、血管を拡張させて血液の流れを良くするはたらきがあります。

しかし、レビトラなどのED治療薬も同じ効果がありますよね。

つまり、これらを併用してしまった場合、急激に血圧を下げてしまう危険があることから併用禁忌薬に指定されています。

他にもレビトラの血中濃度を上げかねない抗ウイルス薬や抗真菌薬、心臓に負荷をかけてしまう危険がある抗不整脈薬などもレビトラの併用禁忌薬に指定されています。

購入する方法

レビトラの入手方法

レビトラをスマホで購入する男

レビトラの効果や用法用量、そして副作用についてはある程度理解していただけたかと思います。

では、レビトラの扱い方をしっかり把握したとして、実際にどこで入手すればいいのでしょうか。

レビトラを入手する方法として一般的なのが、ED治療を専門としている医療機関から処方してもらうことです。

医療機関から医薬品を処方してもらうというのは今さら言うことでもないでしょう。

実際、多くの方が今まで治療をするために医療機関へ通院し、そこで適切な治療薬を処方してもらっていたと思います。

レビトラのようなED治療薬も同じで、ED治療をおこなっているクリニックへ行けば処方してもらえるのです。

男性の勃起機能が低下してしまうというのは加齢によって起こるものだと言われていました。そのためどんな男性でもいずれは起こる現象とされていました。

しかし、現在はEDによる勃起機能の低下が目立つようになっており、年齢に関係なく勃起機能が正常にはたらかなくなるケースが増えています。

こうした現状に伴い、ED治療を専門的におこなっているクリニックは数を増やしており、その宣伝もよく見かけるようになりました。

もしレビトラを使ってED治療を進めていきたいと考えているのであれば、まずED治療をおこなっているクリニックへ相談してみるといいでしょう。

クリニックからの処方

クリニックでレビトラを処方してもらう

レビトラに限らず、バイアグラやシアリスの処方もED治療をおこなっているクリニックであればおこなってもらえます。

最近はこうしたED治療専門のクリニックが数を増やしていることから、EDに悩む男性もそこまで深く悩まずに治療できるようになっています。

しかし、クリニックへ通院し、受付でEDの申告をしたからといってすぐにレビトラなどのED治療薬を処方してもらえるわけではありません。

どんな病気の治療でもそうですが、治療薬を処方してもらうためにはまず診察や検査、治療を受けなければいけないのです。

では、クリニックでおこなわれるED治療とはどういった内容になっているのでしょうか。

EDはペニス、つまり性器に関する症状です。

そのため、多くの男性があまり人に相談したくないと考えていることでしょう。

もちろんそれは相手が医師であっても同じことです。

医師に相談しなければ事態は好転しないとわかっていても、なかなかその勇気が出ない人もいるはず。

その最大の理由として考えられるのが、ED治療の内容を知らないせいではないでしょうか。

症状から考えて、医師にペニスを見せなければいけないと思っている人も多いのではないですか?

これが原因で医師にさえ相談したくないという人がたくさんいるのですが、実際はそんな心配をする必要はありません。

というのも、ED治療とはいえ医師にペニスを見せることなく治療が終わるからです。

ED治療と言っても基本的に問診で終わることがほとんどで、時間にしても10分程度で済みます。

ペニスを医師に見せることはおろか、ズボンを下ろすことさえないので安心してください。

そして問診が終わり、医師がみなさんの状態を把握したら、その治療に適したED治療薬を処方してくれるのです。

レビトラの価格

レビトラの価格は?

ED治療をおこなっているクリニックへ相談に行けば、数分の簡単な問診だけをしてED治療薬を処方してもらうことができます。

レビトラももちろん処方してもらうことが可能ですので、レビトラを使ってED治療をしたいと考えている方はまず医師に相談してみましょう。

ED治療が思ったほど恥ずかしいものではないということはわかったにしても、他にもきっとみなさんが不安に感じている部分はあると思います。

特に多いのが治療にかかる費用の問題です。

医療機関から処方されるレビトラは基本的に10mg錠か20mg錠となっています。

診察を受けるたびに1回分、つまりED治療薬が1錠処方されるのですが、問題はその値段です。

レビトラの場合、10mg錠なら1,500円ほど、20mg錠なら2,000円ほどの処方代がかかってしまいます。

1錠だけの値段がこれだと考えるとかなり高いですよね。

また、ED治療薬を処方してもらうためには診察を受けなければいけません。

ED治療薬は保険の適応がされないことから、薬価を全負担しなければいけないだけでなく、こうした診察費などに関してもすべて負担しなければいけないのです。

そう考えると、総合的にかかる処方代はかなり高額になってしまいますよね。

また、毎回1錠しか処方されないとなれば、必要なたびに通院することになり、何度もこの高額な治療費を支払わなければいけないのです。

安い出費で購入するためには

レビトラのジェネリックのバリフ

レビトラのようなED治療薬を入手したい場合、ED治療をおこなっているクリニックへの通院が当たり前でした。

しかし、クリニックからレビトラを処方してもらうとなれば、今説明したように多額の治療費がかかってしまいます。

通院する回数が多ければ多いほど、みなさんの経済的な負担はどんどん大きくなってしまうでしょう。

いくら憎きEDを改善させるためとはいえ、毎回こんな高額の治療費を支払っていては、みなさんの財布が保ちませんよね。

では、クリニックから処方してもらうのとは別に、もっと安くでレビトラを購入する方法はないのでしょうか。

実は最近注目されているサービスがあり、そちらを利用することでレビトラを激安価格で購入することができるようになっています。

そのサービスというのが個人輸入代行というもので、簡単に言ってしまえば医薬品をネット販売している通販サイトのことなのです。

また、レビトラそのものの薬価が高いというのであれば、レビトラを基にして開発されたジェネリック医薬品を購入するというのも、より経済的な負担を軽減させる方法としてオススメです。

おすすめの記事

バリフ

ジェネリック医薬品が人気

バリフはレビトラのジェネリックです。効果や特徴、飲み方、副作用について

レビトラのジェネリック・ジェビトラ

レビトラジェネリックを紹介

レビトラジェネリックは種類が豊富にあります。バリフ以外の特徴について

ジェビトラゼリー

購入する方法を覚えよう

レビトラジェネリックは個人輸入代行で購入することができます。個人輸入代行を利用することのメリットについてご紹介します。

精神的な負担を感じている男

自然治癒には期待できません

ED(勃起不全)は自然治癒には期待が出来ません。確実な効果をえられる治療薬による改善方法がオススメとなりますので詳細についてご紹介します。